【アプリ入門】iPhone&Androidアプリ開発に必要なもの

アプリをこれから作ろうと思っている方やアプリ開発に携わる予定の方にアプリ開発に必要なものについて紹介していきたいと思います。

僕も実際にアプリに携わったことがあります。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

どちらでアプリを作るか?

アプリを作る場合は基本的にiPhoneアプリかAndroidアプリのどちらかになると思います。

また実際にどちらのアプリを作ったほうが良いのかということもよく聞きます。

少し前まではiPhoneユーザーが全体の7割を占めていたときがありiPhoneアプリの開発が多かったのですが最近では、Androidユーザーも増えてきているのでAndroidアプリも重要が増えてきています。

まずはターゲットをどちらにするかを設定する必要があります。

アプリ開発に必要な言語

iPhoneアプリとAndroidアプリは開発に使用する言語が異なります。

主に使用されている言語についてみていきましょう。

iOSアプリの開発

iOSアプリ開発に使用されているおもな言語はobjective-C、Swift、JavaScriptになります。

Androidアプリの開発

Androidアプリ開発に使用されているのはおもな言語はJava、C++、Kotlinです。

開発するために必要なツールとアイテム

iOSアプリの開発

Mac

iOSアプリの開発にはパソコンが必要になります。

基本iOSアプリの開発にはMacが必要です。Windowsを使用して作ることはできないです。

Xcode

iOSアプリの開発をするためにはMacにXcodeをインストールする必要があります。

Xcodeは、iOSアプリの開発に必要なソフトウェアになります。

Androidアプリの開発

パソコン

パソコンはMacでもWindowsでも可能です。

Android Studio

以前はEclipseでアプリを開発している人も多かったですが今では、Android Studioを使う人が多いです。

まずはAndroid Studioをパソコンにインストールしておくとよいでしょう。

最後に

iOSかAndroidのどちらでアプリを作るのかによっても必要なものが違ってきます。

両方作れたら理想ですが工数もその分かかってしまいます。

まずがどちらで作るのかターゲットを決める必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました