【セールスコピーライティング】WEBマーケティングに必要な商品やサービスを売るためのスキル

技術ネタ

商品やサービスを売るときにただ文書が書ければ良いというわけではありません。

マーケティング的なことや顧客の心理を動かすようなキャッチコピーが必要になります。

たかが文書と言ってもただの文書と商品やサービスが売れるための仕組みを意識した文書とでは売上や結果にも違いが出てきます。

商品やサービスを売るための文章を書くことはビジネスやマーケティングの観点からも必要なスキルだと思います。

今回は「商品やサービスを売るための文章」を書くセールスコピーライティングについて紹介していきたいと思います。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

セールスコピーライティングとは

まずセールコピーライティングとは何でしょうか?

セールスコピーライティングを単語ごとに見てみると下記のようになります。

  • セールス ⇒ 販売
  • コピー ⇒ 文章
  • ライティング= ⇒ 書く

セールスコピーライティングとは字のごとく文章で商品やサービスを売るスキルや知識のことを言います。

セールスコピーライティングのおもな仕事

セールスコピーライティングが物を売るための仕組みを文書で表現するということを先ほどお伝えしました。

ただ売れる仕組み作りだけでなく顧客ねはニーズを考え顧客集めから売る仕組み作り、アフターフォローなど一連の作業がセールスコピーライティングの仕事になります。

たとえば

  • 記事作成、LP(ランディングページ)
  • メルマガ、ステップメール、ダイレクトメール
  • チラシ、ポスター、広告

などなど。

セールスコピーライティングといっても文章を書くだけでなくさまざまです。

セールスコピーライティングで大事なこと

セールスコピーライティングで大事なことは、人がどのような心理で物を買ったりサービスを受けたいと思うのかを知る必要があります。

ただ単に上手な文書が書けるだけではクライアントに喜ばれるセールスコピーライターになることはできません。

セールスコピーライターになるためにはどうやったら文書が読んでもらえるのか?

またどうやったら分かりやすく人の心理に突き刺さる文書を書くことができるのかを勉強していく必要があります。

書店にいけばさまざまなセールスコピーライティングの本があるので読んで学んでみても良いと思います。

また記事やランディングページを実際に自分で作ってテストするのも良いと思います。

たくさん書いて実践することでスキルが身についていきます。

セールスコピーライティングは読んだ人に行動してもらうことが重要

問題や悩みに対する解決策

たとえば悩みがお客さんがいるとします。

その悩みを解決できる解決策を提示されたらどうでしょう?

悩みを解決したいと思っているお客さんであれば「この商品やサービスを使えば解決できるかも」と思ってくれるかもしれません。

悩みや問題に対しての解決策をしっかりとイメージされることができれば安心してその商品を使ってみたいと思うでしょう。

顧客の信頼をつかむ

商品やサービスを説明する上で大事なことの一つが顧客の信頼をつかむことです。

信頼がなければ結果に結びつけるのは難しいです。

実際の体験談や成功事例を用いることで効果的に商品やサービスを見せることもできます。

またその商品やサービスを使うことで得られている結果を顧客にイメージさせることも大事です。

セールスコピーライティングのポイント

セールスコピーライティングは、ビジネスやマーケティングにおいて大変重要なことであることが分かったと思います。

セールスコピーライティングはたくさん書いていくことが大事だと思います。

本で勉強することも大事ですが経験が一番の力になります。

そのうえで実際にテストをしてみたり改善したりを繰り返して改善前と改善後にどのように結果が変わったのかを感じていく必要があると思います。

ビジネスやマーケティングにおいてセールスコピーライティングは重要な役割を持っていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました