【肩こり腰痛対策】テレワークによる運動不足におすすめのデスクを紹介

在宅ワーク

プログラマーやフロントエンジニアなどどうしても長時間の仕事になりやすい職業の人も多いと思います。

今は若くても大丈夫だ!という人もいるかもいれません。

ですがパソコンの長時間の作業はどうしても体に負担がかかってしまいます。

今大丈夫だったとしても急に腰痛になったり頭痛に悩まされることもあると思います。

そんな僕も片頭痛持ちです。

また長時間のパソコンの作業で腰を痛めたこともあります。

長く快適に仕事をしていくためには健康も大事だと思います。

健康を維持していくためには作業をする環境を整えたり作業の合間を工夫していくことも良いと思います。

僕が最近改善したのがデスクです。

たかがデスクですが自宅のデスクを少し変えたり工夫することでも体への負担も変わっていくと思います。

今回はおすすめしたいデスクを紹介していきたいと思います。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

おすすめデスク

可動式のデスク

僕が最近おすすめしているのが可動式のデスクです。

自宅でテレワークをしている人も多いと思いますが自宅作業だと体を動かすことも少なくなり血行にも悪く腰痛の原因にもなりやすいと思います。

自宅で立ったり座ったりこまめに体の体制を変えることができるデスクは体にも良いと思います。

最近YouTubeでも可動式のデスクを置いて使い心地をレビューしている動画もありますね。

可動式だと作業台だけでなくいろいろな用途にも使えそうですね。

ノートパソコン+書類+小物も置きたい

ノートパソコン以外にも書類や小物を置きたい場合には幅が90cmは欲しいですね。

高さは110cmまで上げることができます。

またコード穴がついているので配線がごちゃごちゃしないといったメリットがあります。

移動もアジャスターがついているので部屋の中でちょっと移動したいなというときでも簡単に配置換えができてしまいます。

こりゃ便利ですな。

部屋のデスクに余計な幅を取りたくない

ノートパソコンのみだったら幅69cmくらいでも十分作業として使えると思います。

デスクに余計な幅をとりたくない場合には十分ですね。

最後

体への負担を考えたら日頃、体にとってどのような環境が良いのかを考えることも大事だと思います。

テレワークによって体調を崩してしまったり腰痛に悩まされている人も多いようです。

急な環境の変化に対応するためにも自宅の作業環境を整えることも大事なことだなと最近思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました