【デスクチェア】快適なテレワーク環境には良い椅子選びが大事

在宅ワーク

コロナをきっかけに在宅ワークやテレワークで仕事をする人が増えたと思います。

僕もコロナをきっかけに自宅で仕事をすることになった一人です。

でも実際に在宅になったときに仕事をする環境が整っておらず作業の効率が落ちてしまったり良い椅子を使っていなかったために腰痛に悩まされたりいろいろな壁にぶち当たりました。

こればかりは経験してみないとわからないことでもあります。

でも経験したからこそ改善点が見えて在宅でも仕事ができる環境が少しずつ整ってきたと思います。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

快適なテレワーク環境には椅子選びが大事

僕は自宅で快適に仕事をするためには環境がとても大事だと痛感しました。

以前は可動式のデスクについて下記の記事で紹介させてもらいました。

【肩こり腰痛対策】テレワークによる運動不足におすすめのデスクを紹介

今回はチェアについて紹介していきたいと思います。

仕事場で使っている椅子と自宅で使っている椅子が違うという人も多いと思います。

仕事場だとそれなりに良い椅子を使っていることが多いと思いますが自宅だとあまり良い椅子を使っていないという人もいます。

僕もあまり良い椅子を使っていなくて自宅作業をしていたときに腰に負担がかかってしまいました。

なぜ良い椅子を選ぶ必要があるのか?

良い椅子を選ぶことは自宅で快適に作業することはもちろんのこと健康にも影響を与えます。

腰を痛めてしまったり体調が悪くなってしまったら仕事どころではなくなってしまいますからね。

良い椅子を選ぶことで下記のメリットがあると思います。

  • 仕事に集中することができる
  • 腰痛のリスクを減らす
  • 長時間使っても疲れない

良い椅子を選ぶことは自宅で仕事を続けていくうえでも大事なことだと思います。

少々出費がかさんでも長い目で見ると元が取れると思います。

逆に体に負担のかかる椅子を使い続けて病院通いになってしまったり働けなくなってしまう方がリスクが大きいと思います。

僕がおすすめしたい椅子

僕がおすすめしたい椅子は「サンワダイレクト」のメッシュチェアです。

通気性の良いメッシュ素材を使用しているので暑い夏でも蒸れずに快適な作業ができます。

軽い力でも後ろに倒れることができるので自分の好きな角度を調整することができます。

ひじ掛けが動かないものもありますがこちらは可動式なので自分の肘の位置を変えられます。

椅子を変えてから腰にかかる負担もだいぶ違います。

以前は自宅で1、2時間作業しただけで腰が痛くなりましたが椅子を変えてから腰にかかる負担が軽減されたと思います。

テレワークに快適な椅子は必須

自宅は仕事場と違うので自分でいろいろ改善していく必要があると思います。

でも良い環境を作れば無駄な通勤時間からも解放されます。

また余った時間をほかのことに使うことができるのでテレワークはこれからの時代に合っているなと思います。

そのためには最低限、仕事ができる環境作りに投資する必要があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました