for文の書き方/jsの繰り返し(ループ)処理

プログラムで繰り返し(ループ)処理を使う場合にfor文を使うことが多いと思います。

for文を覚えることでいろいろな言語にも使うことができます。

それではfor文の基本文法から配列を使ったループまで紹介していきます。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

for文

基本文法

for文はおもに「初期値」、「条件式」、「増減値」を指定して使います。

for(初期値; 条件式; 増減値){
  //ループさせる処理
}

次に実際のサンプルを見てみます。

サンプル


for(var i = 0; i < 3; i++) {
        document.write("<p>" + (i+1) + "回目のループを実行。" + "</p>");
}

上記は3回ループさせる処理になります。

初期値

初期値は初期の値を設定します。

下記は0から始まるように設定しています。

var i = 0;

条件式

条件式を入れてその条件が合っている間ループを繰り返します。

i < 3;

増減値

初期値のiに対して加算したり減算したりします。

i++

配列を使ったループ処理

次は配列を使ったループになります。

配列に入れている値を繰り返ししながら出力していきます。


var list = ['リスト1', 'リスト2', 'リスト3', 'リスト4', 'リスト5'];
for(var i = 0; i < list.length; i++) {
        document.write("<p>" + i + "</p>");
}

サンプル

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

javascript
スポンサーリンク
blogをフォローする
フロントエンジニア&コーダーのためのマテリアルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました