【javascript】配列を文字列に変換する方法

今回は配列データを文字列に変換する方法を紹介していきたいと思います。

未経験でも安心!人気のオンラインプログラミングスクール

未経験からプログラミングが学べて就職までをサポート!

配列を文字列に変換する方法

join()を使う

配列を文字列に変換する方法として1つ目はjoin()を使うやり方があります。

それではソースを見ていきましょう。

let fruits_array = ["apple", "grapes", "melon"];
console.log(fruits_array); //['apple', 'grapes', 'melon']

let fruits_array_join = fruits_array.join();
console.log(fruits_array_join); //apple,grapes,melon

fruits_arrayの変数には最初配列を指定しましたが join()を使うことによって配列の文字列が連結されて一つの文字列になりました。

引数を指定しない場合は区切り文字として「,」が入ります。

toString()を使う

配列を文字列に変換する方法として2つ目はtoString()を使うやり方になります。

let fruits_array = ["apple", "grapes", "melon"];
console.log(fruits_array); //['apple', 'grapes', 'melon']

let fruits_array_string = fruits_array.toString();
console.log(fruits_array_join); //apple,grapes,melon

こちらもjoin()と同様にtoString()を使うことによって配列が一つの文字列として連結しました。

配列を返すもの

返値として配列を返すものがあります。

たとえば下記のようなときです。

let path = "/text/item1/list/item1/";
let extract = path.match(/\/text\/[a-z0-9]+/);
console.log(extract); ///['/text/item1']

let extract_string = extract.toString();
console.log(extract_string); /text/item1 

上記の場合もjoin()やtoStringを使うことで配列から文字列に変換することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました