ファイルの文字コード調べて変換できるツール「FileCodeChekcer」

仕事上でファイルの複数あるファイルの文字コードを調べないといけないことがあり使ってみたら便利だった「FileCodeChekcer」というツールを紹介していきたいと思います。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

FileCodeChekcerのメリット

インストールする必要がない

ツールだとインストールして使用するものが多いと思いますが「FileCodeChekcer」はインストールが必要ないのでダウンロードすればすぐ使用できます。

ダウンロードしたファイルの中にアプリケーションが入っているので起動して使用できます。

ファイルやフォルダをドロップすることで文字コードを調べたり文字コードを変換することができる

文字コードを調べたり一括で変換したい場合は、ファイルやフォルダをドロップすることで素早く文字コードを調べたり文字コードを変換することができるので操作もシンプルで簡単です。

複数のファイルも素早く処理

ファイルを一つ一つのファイルを開いて文字コードを調べるのはとても大変ですよね。

ましてやファイルやフォルダの数が多かったらそれだけでも何時間もかかってしまいます。

ですがこのツールを使うことでファイル数が多いでも素早く変換できるので作業効率もアップします。

FileCodeChekcerをダウンロードする

下記のボタンからサイトに移動してダウンロードしてください。

インストールは不要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました