【Node.js】Node.jsの特徴とできること

JavaScriptの学習をはじめるとNode.jsという言葉をよく聞くと思います。

今回はこのNode.jsについての特徴やできることを紹介していきたいと思います。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

Node.jsについて

Node.jsとは

Node.jsはサーバーサイドでJavaScriptを実行できるプラットフォーム(動作環境)になります。

まずJavaScriptはブラウザ上で動作するプログラミング言語ですね。

一般的なプログラミング言語は通常はパソコン上で動作します。

ブラウザ上で動作するJavaScriptはOSの機能にアクセスできないようになっています。

そんなブラウザ上という環境のみでしか動けなかったJavaScriptを、一般のプログラム(PHPやjavaなど)と同じようにパソコン上で動かせるようにしてくれるのが「Node.js」になります。

Node.jsはWebサーバでもWebフレームワークでもありません。

JavaScript実行環境になります。

Node.jsをインストールすると「node.exe」ができるようになります。

なぜNode.jsが使われているのか?

Node.jsの特徴としてはWebサーバの役割をしてくれてアプリケーションの開発を目的に設計されています。

Node.jsを使うことで下記のことが可能になります。

  • Webアプリケーションが作れる
  • モバイルやデスクトップ用のアプリケーションが作れる

Node.jsのメリット

サーバサイドのコードかける

Node.jsを使うことでJavaScriptをサーバサイドで動かすことができます。

ということはサーバサイドの言語をわざわざ習得しなくてもJavaScriptでサーバサイドのコードも書けるということになります。

よって学習コストをおさえることができます。

Node.jsで何ができる?

Node.jsを使うことでチャットやライブ配信サービスを作ることができます。

リアルタイムの処理が速い

Node.jsはリアルタイムの処理が速いためリアルタイムで動作するアプリケーションなどの利用に適しているといえます。

アプリ開発

Node.jsを使うことでWebアプリケーションやスマホアプリの開発が可能になります。

Webサーバーの構築が可能

Node.jsを使うことでWebサーバーを構築することが可能になります。

IoT開発が可能

Node.jsを使うことでインターネット上のたくさんの情報を処理することが可能なのでIoT開発にも向いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました