【javascript】mapメソッドで配列データを扱う方法

未経験でも安心!人気のオンラインプログラミングスクール

未経験からプログラミングが学べて就職までをサポート!

mapメソッドについて

mapメソッドとは

mapメソッドはおもに配列データを扱うメソッドになります。

各要素にたいして決まった繰り返しの処理をします。

また新しい配列を生成するのに使える便利な関数です。

mapメソッドの基本構文

let arr = [配列データ];
arr.map( function( value, index, array ) {
~
});

mapはコールバックを使うことができます。

コールバックについては下記の3つになります。

value配列の値
index配列のインデックス番号
array現在処理している配列

mapメソッドの特徴

mapとforEachの違い

配列を扱うメソッドはいろいろありますがそのなかでmapとforEachの違いについてみていきましょう。

まずforEachは単純に実行するだけのメソッドになります。

ですがmapは実行後に結果として配列データを返すことができます。

mapメソッドの書き方

それではmapメソッドを使って処理を行ってみましょう。

let arr = [1, 2, 3];
let maparr = arr.map(function(value){
        return value + 2;
});

console.log(maparr);

上記の例ではまずarr変数に配列を作ります。

maparr変数に配列から取得した値一つ一つに2を足していく処理になります。

結果は下記になります。

3
4
5

コメント

タイトルとURLをコピーしました