【Illustrator】イラストレーターのアセット書き出し方法

画像の書き出しはいつもphotoshopやXDで行っているのですがデザインがイラストレータで来ることもたまにあるので今回はイラストレータでの画像書き出しについて紹介していきたいと思います。

最近ではSVG画像を使うサイトも増えてきています。

Illustratorはベクターデータによるデータ作成が得意なツールなので仕事でイラストレータを使うことが増えたという人も多いのではないでしょうか?

Illustratorの「アセットの書き出し」機能を使うことで素材単位の画像の書き出しが行えて大変便利です。

未経験でも安心!人気のオンラインプログラミングスクール

未経験からプログラミングが学べて就職までをサポート!

アセットの書き出し

まずは「ウィンドウ」 → 「アセットの書き出し」で「アセットの書き出し」パネルを表示させましょう。

作成したデータを 「アセットの書き出し」パネル にドラッグします。

オブジェクトはグループ単位で書き出しができます。

画像をパネル上で選択して書き出し

パネル上で設定できるのは下記になります。

  • ファイル名
  • 画像サイズ
  • アセット名の後ろにつける文字

また書き出しについては複数のアセットを対象にすることも可能です。

設定が完了したら「書き出し」ボタンを押しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました