【Git入門】バージョン管理のメリットと仕事の効率化アップ

バージョン管理ツールというと「Git」や「Subversion」などがあります。

IT系の現場であればGit採用しているところは非常に多くこれからも需要が高まっていくと思います。

ですがGitは初心者には少々難しい言葉だったり操作だったり学習コストが高いものでもあります。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

なぜバージョン管理を行うのか?

なぜバージョン管理を行うのかというと誰が何を修正したのかを効率的に管理することができるからです。

たとえば修正前のデータと修正後のデータを残す場合にはどうしますか?

普通であれば日付ごとにフォルダを作成して管理すると思います。

ですが自分だけがわかっていてもほかの人が触りたいときにフォルダの名前だけで判断できないこともあると思います。

またファイルを編集するごとにコピーするのもわりと大変で間違いもおこりやすくなります。

とくに二人で同時に修正してしまって保存したときに一人目の人が修正した内容が消えてしまったといった経験がある人もいると思います。

このような問題を解決してくれるのがバージョン管理でありGitのメリットととも言えます。

Gitの基本

履歴を管理するリポジトリとは

リポジトリとはファイルやディレクトリの状態を記録してくれる場所のことです。

保存されたものは内容の変更履歴として格納されます。

Gitのリポジトリには下記の2種類があります。

リモートリポジトリ

専用のサーバに配置して複数の人で共有することができるリポジトリになります。

ローカルリポジトリ

ユーザ一人ひとりが利用するために個々のマシン上に管理するリポジトリのことです。

コミット

バージョン管理で変更内容を保存するときにする作業がコミットです。

コミットをすることでファイルやディレクトリの追加・変更などを保存してくれます。

コミットするときには名前をつけることができます。

未経験でも安心!人気のプログラミングスクール

マンツーマン指導だから未経験からプログラミングが学べて高いコーディングスキルが身につく人気のテックキャンプ!

コーディング
スポンサーリンク
blogをフォローする
フロントエンジニア&コーダーのためのマテリアルブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました