WEBマーケティングに重要なランディングページ作成とSEOとの関係性について

マテリアルクリエイト

WEBマーケティングに重要なランディングページ作成とSEOとの関係性について/マテリアルクリエイト

WEBマーケティングに重要なランディングページ作成とSEOとの関係性について

カテゴリ:SEO

ランディングページ(LPO)とは

LPO(エル・ピー・オー)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
WEBやマーケティングに関わっている人は一度は、聞いたことがある方もいるかと思います。

LPOとは(Landing Page Optimization)の略でランディングページ最適化の事を言います。

まずランディングページ最適化とは何でしょうか?
ユーザーがインターネットで検索をして訪れるページを見やすく、分かりやすく、迷わず、ユーザーが探しているものや求めている情報を素早く提供したりするために改善や修正を行うことです。

まずランディングページを作ったり改善する上でそのページの目的やゴールは何かを最初に考える必要があります。
このページは、ユーザーに一体何をさせたいページなのか?
商品の詳細を見せて購入してもらうことが目的のページなのか?はたまた学校に入学してもらうために資料請求をしてもらいたいページなのかを考えることで目的とゴールが見えていきます。
次にそのゴールまでの過程の中で改善できる部分(分かりづらい、見づらい、迷ってしまう箇所)がないかを模索します?
また商品の内容や魅力をしっかり伝えることができているか?など客観的に見て改善していく事が重要です。

ユーザーがせっかく検索してたどりついたページなのに商品の購入ボタンやお申込みボタンがどこか分からなかったらすぐページから離れてしまいますよね?
このランディングページを改善することでユーザーが欲しい商品の購入だったり学校やカタログなどの資料請求などのページ内の目的やゴールにうまく誘導させることができるようになります。

WEBマーケティングを考える上でランディングページはとても重要な事なのです。
またランディングページは、SEOの観点からもしっかり作り込む必要があります。

シンプルで分かりやすい見た目の作りだけでなくキーワードやテキストの量など内部対策を一緒に行うことで検索エンジンに評価されアクセスが増えていきます。
ボタンの位置を変更しただけでコンバージョンが上がることもあります。

コンバージョンとは

コンバージョンとは、インターネットの世界では最終的な成果や結果の事を指します。
成果や結果とは、サイトによって変わってきますがたとえばECサイトでは、商品が売れたり教育系のサイトなどでは、資料請求がされたりお問い合わせがあったり情報系のサイトでは、会員登録をされたりする事です。

そしてランディングページ最適化をしておく事で購入率がコンバージョンが上がり結果として会社の売上や成果を上げることができます。

ランディングページを作る上でランディングページ最適化とSEOはセットで考えていく事が重要になります。
SEOやSEMだけでアクセスをたくさん集めても結果的の成果が出た事にはならないからです。

ランディングページ最適化に効果的なサイトは?

ランディングページ最適化に効果的なサイトは、主にECサイトや資料請求やお問い合わせが目的のサイトや不動産関係だと思います。

スポンサーリンク

スポンサードサーチ

プロフィール

coming soon... プロフィール詳細はこちら

カテゴリ(記事全391件)

おすすめ

参考