配色を選ぶときのカラーの特性と意味

マテリアルクリエイト

配色を選ぶときのカラーの特性と意味/マテリアルクリエイト

配色を選ぶときのカラーの特性と意味

カテゴリ:デザイン

記事画像

色の持つ意味/青色・ブルー

青色は、寒色で涼しさや爽やかさ、清潔感のある色として好まれています。私たちの周りにある青のイメージとして海や空などが思い浮かぶと思います。 青色の性質としては、平和、信頼性、安らぎなどがあります。 WEBでもコーポレートサイトなどに使用されることも多く、会社の信頼性などを表しています。 またマイナス的なイメージとして不安、冷たさなどがあります。

色の持つ意味/赤色・レッド

赤色は、活発で情熱的なイメージを持ちます。色の中でも一番強い印象があります。その為、視界に入りやすく目立ちます。 その他に赤には、熱や暑さ、興奮、 勝利などのイメージを持ちます。赤は、印象が強いので使いすぎると目がチカチカしたりします。 大きい範囲で使う場合は、彩度や明度を落として使用したりボタンなどの一部分にアクセントとして使われる事もあります。また企業のイメージやロゴで使われているもの としてコカコーラなどがあります。

色の持つ意味/黄色・イエロー

黄色は色の中で一番明るい印象を持っていてまぶしい光や太陽など活発なイメージをすることができる色です。 黄色には、その場の雰囲気を明るくしたりする効果があります。 明るく目に付く色なので注意を促すときにも使用されることが多いです。また風水では、黄色のものを身につけると金運がアップしたりお金が入ってくるなどと言われています。

色の持つ意味/紫色・パープル

青色と赤色を混ぜ合わせると紫色になります。 紫色には、気品がありとても高級なイメージがあります。 昔、紫色というのはとても手に入れにくい色とされ貴重な色とされていました。そこで紫色というのは、上位の階級の人や高貴な人が身につける色とされていました。 紫には、高級や高貴なイメージ以外にも冷たいイメージや神秘的なイメージなどもあります。

色の持つ意味/黒色・ブラック

黒には、無彩色と言われて高級感、重量感、強さの他に暗黒などの暗いイメージを持っています。 黒は、暗いイメージなどもありますがサイトでも高級感を出すために使われたりします。 また宇宙も黒である事から神秘的なイメージも連想させることができます。

色の持つ意味/白色・ホワイト

白は、無彩色と言われて清楚、明るい、クリーンなイメージを持っています。 また白は、一番明るいので黒と一緒に使うととても際立ちます。 白には、汚れなく始まりを感じさせるような印象を持たせる事ができます。白を使ったサイトは、とても清楚で見やすい感じを与えます。

色の持つ意味/緑色・グリーン

緑色は、木や森などの自然をイメージすることができやすらぎや人に安心感や安定を表す色です。 また緑色の効果として疲れを癒す効果やリラックスできる効果があります。 WEBサイトには、病院やリラクゼーション系で使われることが多い色です。 緑でイメージできるものとして木や森以外にも植物、緑茶、山、野菜などが挙げられます。

色の持つ意味/橙色・オレンジ

橙色は、暖色で暖かく楽しく元気、明るいイメージがあります。 橙色の効果として食べ物を美味しく見せたり食欲を出す効果や親しみをもたらしフレンドな感じを出す効果がある色です。 WEBサイトでは、飲食関係などのよく使われる色です。 橙色をイメージする色としてみかんや、オレンジ、マンゴー、かぼちゃなど果物や食べ物に多く使われている色です。

色の持つ意味/桃色・ピンク

桃色は、綺麗で優しく柔かいイメージから女性的で女性のファッションにもよく使われている色です。 桃色の効果として愛情の表現や幸せな心や気持ちを表現する効果があります。 桃色は、女性のサイトで使われることが多い色です。 桃色として桃、桜、リボンなどがあります。

色の持つ意味/灰色・グレイ

灰色は、他の色を引き立たせる効果があり控え目な色なので調和する色です。 高級感や上品な印象を与え落ち着いた効果を表現することができます。 灰色と言えばコンクリートや雲、灰、砂などがイメージできます。 WEBサイトでは、落ち着いたファッション系のサイトや上品なサイトで使用されることが多い色です。

色の持つ意味/金色・ゴールド

金色は、ゴールドやお金など高価で明るくゴージャスなイメージがある色です。 金色の効果として高級感を与えたり暮らしを豊かにする効果、安心する効果があります。 WEBサイトで使うものとして金運系のサイトや豪華なサイトで使用される色です。 金色のものとして金、ゴールド、硬貨、金メダルなど特別なものとして使われるものが多い色です。

色の持つ意味/銀色・シルバー

銀色には灰色と似たイメージがあり落ち着いた色で灰色より高価で高級なイメージがあります。 銀色の効果として高級品で上品なイメージと洗練された新しいもののイメージやシャープでメタリックなイメージを与える効果があります。 WEBでは、アクセサリーや高級車などで配色される色として使われることが多いです。 銀色として貴金属、鏡、高級車、アクセサリーなどのものをイメージできる色です。

スポンサーリンク

スポンサードサーチ

プロフィール

coming soon... プロフィール詳細はこちら

カテゴリ(記事全391件)

おすすめ

参考